田舎のスクールの場所は特徴的

田舎のスクールの特徴は、個別指導の塾であれ、趣味の講座であれ、公的な場所を借りて行うのが一般的です。室内で指導できるものであれば、公民館だったり、市の管轄の福祉施設であったりします。また体育会系を行う場所は、学校の体育館や運動場、公共の総合グラウンドだったりします。スクールで指導してもらえるのは、実際に小中学校のクラブで、教えていたり、塾であれば、教師を退職した先生が指導してくれます。なので先生の専門性としては、ただの素人が教えるのではなく、教員免許を持っていたり、指導員の資格を持っている人ばかりなので、安心して教えてもらうことが出来ます。

先生

田舎の特徴を生かした教育

少子化により、田舎ではなくても子供の数は減っています。中でも僻地の場所にある学校は、子どもの数が減り続け存続が危ぶまれていることも少なくありません。そこでは田舎の特徴を生かした学校経営が望まれるでしょう。例えば、不登校の子供たちを集めた休日スクール。地域の自然の場所を、学校の勉強に大いに取り入れる授業カリキュラム。地域の大人たちがその仕事を、通常の授業の中でゲストティーチャーとして積極的に指導する「職業授業」も好評のようです。当然そこでは、指導する先生の専門性が求められることになります。通常の教育課程では学べなかった経験を積んでいる人が指導にあたるため、都会では実現できないような体験型スクールを開けます。

↑PAGE TOP